妙高高原 赤倉温泉/お宿ふるや

  • トップ
  • お料理
  • お部屋
  • お風呂
  • 宿泊プラン
  • ごあいさつ
  • お便り
  • 過ごし方
  • 館内
  • 観光
  • アクセス
  • ご馳走
  • ふるやの食材
  • 妙高の酒
野菜、魚、肉、米、すべて地元産にこだわっています
魚 脂がのって舌の上で身がとろけます のどぐろ
新潟高級魚
白身のトロとも呼ばれる上質な脂質をもった「のどぐろ」は、日本海で育つ新潟名産の魚です。都会では、手軽に食べることのできない高級魚を、ボリューム満点でリーズナブルにお出しいたします。
ふるやののどぐろ料理
「のどぐろ」の旨味をご堪能していただくために、当宿では「塩焼き」をお一人様につき半身でお出しするプランがございます。焼き料理以外にも、風味豊かな「せいろ蒸し」や「お造り」など様々な料理で「のどぐろ」をお楽しみいただけます。
のどぐろの味を知るならこれが一番!まずは「のどぐろの塩焼き」を食べていただきたい。
ボリューム満点!お一人様につき半身をお出しします!
高級魚のどぐろは一年を通して脂がのってずっとおいしい!!
高級魚 のどぐろ

のどぐろの生息域 「のどぐろ」の生息域は東北、北陸の日本海、太平洋に広く分布していますが、関東でも獲れる魚です。ですが、関東など太平洋沿岸で獲れたものは「のどぐろ」とは呼ばれません。日本海側で獲れたアカムツが、いわゆる「のどぐろ」と呼ばれます。関東などでは漁獲量が少なく希少で高価な魚として知られています。

旬の時期はいつ!? また、「のどぐろ」は7月頃から10月頃にかけて産卵期になると言われています。産卵期や旬の時期を問わず、一年を通して脂がのっているため、最も美味しいとされる時期には諸説あります。晩秋から冬が最も美味しいという説や、産卵前の夏7月から8月が最も美味しとする説など真逆で存在します。通年、脂のりがよく美味しというこよで知られる「のどぐろ」は、その時期その時期に合った料理で楽しめる魚と言えます。

のどぐろの地図
のどぐろのお造り

おすすめの召し上がり方のどぐろ×かんずり味噌 当宿では「のどぐろ」のお造りに、新潟県妙高市の特産品「かんずり味噌」を添えてお出しいたしております。麹の甘み、ユズの香りとよく調和した「かんずり味噌」は、「のどぐろ」をはじめ、新鮮な地魚のお造りとも好相性です。歯応えがプリッとしていて、ねっとりとした食感の「のどぐろのお刺身」をぜひお召し上がりください。

のどぐろ酒蒸し
風味豊かな「のどぐろ酒蒸し」。脂を抑えた上品な身の美味さが、こだわりの煮汁ととけ合います。
のどぐろと地魚かんずり添え
もちろんお造りでも絶品。季節の地魚とともに、「かんずり」「ポン酢ジュレ」でお召しあがりください。
  • のどぐろ料理おすすめプラン
  • のどぐろプラン
  • ふるや自慢 のどぐろと越後牛プラン
その他にも旬の地魚をご用意しています!
旬

春は「セイカイ」、夏は「マトウダイ」や「スズキ」など新潟産の旬魚を料理に盛り込みます。蒸し魚や、酒の肴になるお造り、魚を串に刺して焼いた豪快な一品「旬魚焼串」など新潟の地魚を存分にご堪能ください。

「セイカイ」、「マトウダイ」、「スズキ」など新潟産の旬魚
肉 地元産ブランド牛 越後牛

 

ふるやでは、新潟の豊かな気候と風土に育てられたブランド牛「越後牛」をご用意しております。
「越後牛」の特徴は、ドリップの少なさと肉のしまり具合、そして柔らかさ。
その肉のおいしさを最大限に引き出す「ステーキ」と「にぎり」をご用意いたしました。
厳選された素材とふるやこだわりの「越後牛」料理をご堪能ください。

 

越後牛ステーキ
「越後牛」をダイレクトに感じられる「ステーキ」は、噛むごとに旨味が口いっぱいに広がります。付け合せは、ごろごろとした妙高産高原野菜。つけだれは地元、新潟産の「藻塩」「行者にんにく」「かんずり」の3種類をお召し上がりいただけます。
越後牛炙りにぎり3種
新鮮な「越後牛」を使用しているからこそできる「にぎり」。少し炙ることで旨味が引き立ち、肉が口の中でとろけます。「塩こうじ」「わさび醤油」「粕」3種の味でお召し上がりください。
  • 越後牛料理おすすめプラン
  • 越後牛プラン
  • ふるや自慢 のどぐろと越後牛プラン
自然サイクルの調和から生まれた「なごみ豚」

滋養に富んだ旨味と、とろける脂身が特徴の「なごみ豚」。ストレスが少ない環境のもと、健やかな生育過程から生まれた、豚本来の深い味わいをご堪能いただけます。また、なごみ豚は輸入飼料は使わず、家庭や食品工場から届けられる食材の残りで育てています。食材の残り物にはアミノ酸が多く、有益な微生物の力によって分解・発酵・無毒化され輸入飼料と違った残存農薬がない安全な飼料となります。自然界の循環を大切にした豚肉です。

なごみ豚豆乳しゃぶしゃぶ
  • なごみ豚料理おすすめプラン
  • なごみ豚 豆乳しゃぶしゃぶプラン
妙高の野菜 採れたての美味さ!
妙高高原 新鮮野菜
ふるやの献立は「野菜」が基本です。魚や肉よりも鮮度が重要な食材の「野菜」。季節ごとの、地元の新鮮な高原野菜を楽しんでください。
  • 春 春野菜と山菜かわり揚げ
  • 夏 長茄子こはく寄せ
  • 秋 旬彩彩々
  • 冬 大根丸揚げ
妙高の米 日本人でよかった!米の王様コシヒカリ
妙高産コシヒカリ

新潟県南西部、頚城(くびき)平野の南部に位置する妙高は日本でも有数の豪雪地帯です。冬は日照時間が短く降雪が多く、夏は日照時間が長く雨量が少ないため米づくりに適しています。山々から流れ込む天然ミネラル豊富な雪解け水や伏流水が、魚沼産にも負けない甘みをもったお米を育てます。

郷土の味にすみずみまで、こだわってます!
妙高田舎みそ
朝食では具だくさんの「田舎汁」をお楽しみいただけます。季節の野菜と、味噌のコクがマッチしたご飯のおかずとしていただける一品です。また野菜につけて食べたり、ほかほかのごはんにも良く合う味噌です。
かんずり
妙高に古くから伝わる香辛料で、料理のひきたて役として隠し味に多く使われています。滑らかな舌触り、爽やかなゆずの香りが料理に深みを持たせます。ほかほかのごはんに直接のせて食べても美味しいです。
漬け物
野沢菜は、9月頃に種をまき11月中頃に収穫します。冬の寒さが厳しくなる時期になると、野沢菜のほか大根の漬け物などを造り始めます。樽に揃えて並べ、塩を振り、また並べて塩を振る。この作業を繰り返して漬け込みます。そのなかに秘伝の調味料を加える事で「お宿ふるや」の味になるわけです。当宿のお献立では、季節に合わせた妙高の野菜の漬け物お召しあがりいただけます。
毎日がお得!休前日と平日の下記期間内なら全プランが1,000円引き!
平日がお得!日曜日〜金曜日の下記期間内なら全プランが1,000円引き!
footer_kyukan_img-1
戦国武将・真田一族ファンに向けた旅づくり応援サイト「さなだんごの旅」に当館が掲載されています!
さなだんごの旅
 

COPYRIGHT © 2014OYADO FURUYA ALL RIGHTS RESERVED.

PAGETOP